彦名地区チビッ子環境パトロール隊
鳥取県米子市

「泳げる中海を取り戻す」を合言葉に多様な連携を組みながら
次代を担う子どもたちと共に環境問題に取り組む


代 表:向井哲朗
副代表:足立早苗

活動エリア

鳥取県米子市彦名地区を中心とする中海周辺

設立の背景とあゆみ

米子市彦名町は中海に面しており、冬には遠くシベリアからカモやマガン、コハクチョウ等たくさんの水鳥がやってくる。50年ほど前までは泳げるほどきれいだった中海も、生活が便利になるにつれ、汚れがひどくなり、悪臭やヘドロに悩まされるようになった。そこで平成2年(1990年)6月、「泳げる中海」を取り戻す具体的な活動をするために、地元の小学校児童生徒に呼びかけ『彦名地区チビッ子環境パトロール隊』を結成、地元住民に呼びかけて最大の汚濁源となっている生活雑排水の浄化を基軸にした環境改善活動を実践してきた。身近にできる環境保全を基軸にした活動を通して、社会に生きる者として他者に貢献し自己を育てる「社会貢献のこころ育む活動」を実践展開し、今では、多くの湖岸流域の人々が中海をきれいにしようと立ち上がってきている。

住所

〒683-0854 鳥取県米子市彦名町4530-2
Tel:0859-29-3974
Fax:0859-29-3974
E-mail:hsmrs477@ybb.ne.jp

このページの先頭へ

MENU

支援のお願い 当協会の活動へご支援をお願いいたします。