認定NPO法人 霧多布湿原ナショナルトラスト
北海道浜中町
HP:http://www.kiritappu.or.jp/

市民が主体となって湿原を愛する輪を広げ行政や企業などとの多様なパートナーシップで貴重な財産である「霧多布湿原」を守り継ぐ


理事長 :三膳時子
広報主任:松井美奈

活動エリア

北海道:霧多布湿原及び周辺の自然環境地域

設立の背景とあゆみ

霧多布湿原は、3,168haの国内で3番目の広さを持つ湿原である。そのうち約3分の1の1,200haが民有地で、霧多布湿原保全のためには民有地を残せるかどうかが大きな鍵になっている。昭和61年(1986年)に地元の青年たちが「霧多布湿原ファンクラブ」を発足させ、湿原民有地を借り上げるというかたちで保全活動が始まった。平成12年(2000年)にはNPO法人格を取得し、土地を買い取って保全するナショナルトラスト運動を展開している。また、平成16年(2004年)、北海道での認定NPO法人第1号となり現在に至る。

住所

〒088-1531 北海道厚岸郡浜中町仲の浜122 
Tel:0153-62-4600
Fax:0153-62-4700 
E-mail:trust@kiritappu.or.jp

このページの先頭へ

MENU

支援のお願い 当協会の活動へご支援をお願いいたします。