内山川ホタルを守る会
愛知県豊橋市
HP:http://www.maroon.dti.ne.jp/firefly/

地域の住民と行政と企業が連携して内山川の環境を改善し
ホタル舞う豊かな環境を子どもたちに受け継ぐ


会長:夏目武夫
コーディネーター:原田郁郎

活動エリア

愛知県豊橋市岩崎町地内の内山川及びその周辺【NPO法人グラウンドワーク東海会員団体】

設立の背景とあゆみ

昭和30年代の内山川には、毎年多くのゲンジボタルが舞っていたが、河川改修等により川が整備されるとともにその数も激減し、平成7年(1995年)頃にはほとんど見られなくなった。そこで、子どもたちの世代にゲンジボタルの舞う姿を残そうと、内山川沿いの住民で会を設立し、川の環境改善を目指して様々な活動を行っている。平成22年度(2010年)は、6月にCOP10のパートナーシップ事業と豊橋市市民協働推進事業として内山川の落差工の側壁へ溶岩パネルを張り付けた。この作業には、本会会員、NPO法人グラウンドワーク東海会員、(財)日本グラウンドワーク協会、そして東京からのホタル鑑賞ツアーの参加者も参加した。また12月には、溶岩パネルメーカーの協力の下に落差工の本堤部分にも溶岩パネルの張り付けを行った結果、内山川では、ピーク時に3,000匹を超えるゲンジボタルを見ることができるようになった。

住所

〒440-0022 愛知県豊橋市岩崎町字ズシ61番地
Tel:0532-61-8508
E-mail:firefly@sala.dti.ne.jp

このページの先頭へ

MENU

支援のお願い 当協会の活動へご支援をお願いいたします。