グラウンドワークの目的と特徴

ハートデザインプロジェクト

住民・企業・行政のパートナーシップによる地域環境の改善を通して持続可能なコミュニティを構築すること

グラウンドワークが目指す「持続可能なコミュニティ」とは活気にあふれ、健全かつ安全であり、生活やあらゆる活動の上で、その地域と地球の環境が尊重され、個人も企業も共に長きにわたって繁栄するような社会のことです。

グラウンドワークの特徴

People Place Prosperity Partnership

グラウンドワークは、地域の再生と活性化に向けて、住民・企業・行政といった多様な地域主体とパートナーシップを形成し、地域の力を結集させ、豊かな資源を掘り起こし、それを活かしつつ継続的に地域環境の改善に取り組んでい ます。


グラウンドワークが取り組む様々な活動は、"住民のため" "地域のため" そして"繁栄のため"に、地域固有の特性をふまえながら、みんなで知恵を出し合い、それぞれの力を十分に発揮できる"パートナーシップ型のプロジェクト"を企画し実践しています。

  • Point1 環境改善を通じて地域を再生します
  • Point2 ボランティアの参加を得て実際に汗を流します
  • Point3 住民・企業・行政を含む多くの地域主体とのパートナーシップによる活動を実践します
  • Point4 専門能力を備えたスタッフによる地域再生活動の企画や実施ならびに支援を行います

グラウンドワークのパートナーシップ

グラウンドワークのパートナーシップ

グラウンドワークの特徴は、住民・企業・行政などの多様な地域主体との「パートナーシップ」にあります。


住民・企業・行政などがグラウンドワーク活動団体と連携することにより、それぞれが得意とする分野で協力し、地域のために貢献することができます。専門性を備えたグラウンドワーク活動団体は、地域活性化に向け、最も効果的な方法を導き出し実践します。


地域住民・企業・行政が連携し活動を実践する組織が形成されることにより、地域の環境改善が継続的に行われ、結果的に持続可能な地域社会が実現します。

グラウンドワークの効果

地域住民 地域力の向上、地域環境の改善 郷土への誇りと愛着、環境教育の実践 自己実現能力の向上、生活の質的向上など

グラウンドワーク活動団体へのボランティア参加や寄付などを通じて、自らの地域に貢献することができます。
この活動を通じて郷土への誇りや愛着が生まれ、主体的な地域づくりが実現します。

行政 地域の自立心の向上、環境行政の推進 財政難の中における効果的な事業展開 地域経済の活性化、まちづくりの推進など

グラウンドワーク活動団体をパートナーとすることで、地域との連携が図られ、より効果的なまちづくりを推進することができます。住民や地元企業が参加することで、地域の自立を促します。

企業 地域社会への貢献、環境面での迅速な対応 企業理解の促進、異分野ネットワークの拡大 社員の活性化効果、周辺住民との一体感、地域の要望把握、ビジネス機会の拡大など

企業のCSRにおける環境や社会貢献分野のパートナーとして、グラウンドワーク活動団体は、地域社会のニーズを反映させたプロジェクトを提案し実践します。地域づくりに参加することで企業イメージのアップとビジネスチャンスが生まれます。

このページの先頭へ