コンテンツへスキップ

「グラウンドワーク」とは「地域」、「企業」、「行政」の構成と連携(パートナーシップ)により、環境改善等地域課題を解決する活動手法のことです。

この取組みは英国で始まりました。

一方、日本と英国では行政の地域関与のあり方などの違いがあることから、日本の地域社会(地域づくりの多くがシニア世代の男性が主体)や行政システム(個別地域づくりへの持続的な関与が低い)及び企業(寄付、ボランティア参加が未成熟)の特徴を踏まえたグラウンドワークの推進が重要です。

このようなことから、当協会では、日本においては、構成を「地域」、「企業」、「行政」ではなく、「世代バランス」、「男女バランス」に重点を置いた方が有効と考え、この考えのもとグラウンドワークを推進しています。

具体的には、活動の持続性、発展や将来のリーダー、担い手確保の観点から若者(大学生等)の参加及び男女共同参画による協働を主軸にした、いわゆる「日本型グラウンドワーク」を推進しています。

若者は、斬新なアイデア・企画力、行動力、情報発信力(SNS,口コミなど)、体力等地域活動に必要な多くのものを兼ね備えています。

(設立:1995年設立  主務官庁:農林水産省、環境省、国土交通省、総務省(2012年まで))

【目的】

  当協会は、「中間支援団体」として、①地域活性化、②環境保全、③福祉、④棚田保全等社会的課題解決に取り組む地域活動を支援(含む若者の地域活動への参加呼びかけ)する。

【取り組み内容】

(1)大学生サークルとの連携活動

  ①「農業農村を応援する大学生サークル」との連携活動及び応援

          1)東京大学  2)明治大学  3)千葉大学  4)静岡大学  5)山梨県立大学

         6)信州大学  7)新潟大学  8) 石川県立大学  9)北里大学  10)琉球大学

  ②地域づくり応援を目的とする「大学生サークル」設立、運営の支援

  ③農業土木技術者の育成、確保

   大学生サークル「農業農村工学・就職研究会」(17大学参加)の運営

(2)企業、官公庁の学生リクルートの応援等

  ①学生リクルートの応援

  ②公務員試験勉強対策講座

(3)棚田保全活動の応援

  ①活動資金助成及び大学生派遣等

   1)白米千枚田(石川県)、2)大山千枚田(千葉県)、3)稲渕棚田(奈良県) 等

  ②「つなぐ棚田遺産」の『オフィシャルサポーター』(農林水産省認定)の取組み

           

(4)「トトロの森」環境保全の応援

(5)行政への支援 予算編成作業及び施策作り等を支援

   1)東京都御蔵島村(伊豆七島:地域活性化)

(6)官公庁へのアドバイス

(7)農業団体へのアドバイス

(8)地域活動団体への支援

  ①補助金申請手続き等の支援

  ②セミナー、研修、シンポジウム等への講演者の紹介 

(9)農福連携の支援

(10)男女共同参画の推進

       内閣府男女共同参画推進会議 委員

(11)農業農村整備に関する広報

 

【運営体制】

理事長  中里良一  農業農村を応援する大学生サークルネット代表 

理事   菅原文子  (株)菅原(文太)事務所代表取締役 

理事      山下昭子  元NHKキャスター

監事   野中晋輔  (株)スタジオジブリ制作業務部取締役部長

(お問い合わせ)

〒105-0004 東京都港区新橋5-34-4 農業土木会館1F

TEL: 03-6459-0324 FAX: 03-6459-0325

 

当協会が主催する「農村・大学生マッチングプロジェクト」の一環で、世界農業遺産の白米千枚田(石川県輪島市)の保全活動に取り組んでいる白米千枚田愛耕会と大学生サークルの石川県立大学援農隊あぐりとのマッチング、いわゆるお見合いを行いました。輪島市役所の観光課長も参加されました。この取り組みは、地域活動団体から大学生と連携活動を行いたいと依頼があった時に実施するものです。マッチングでは、白米千枚田愛耕会側から大学生に農作業を通じて白米千枚田を学ぶ機会をつくりたいという要望が出されました。一方、大学生側からは世界農業遺産の白米千枚田の保全活動の応援を行いたいとの発言がありました。今回のマッチングの結論として、来年度の農作業が始まるまでに具体的な活動内容について合意を目指すことで一致しました。

当協会が取り組んでいます、焼酎の原材料の芋(コガネセンガン)の試験栽培(千葉県富津市の耕作放棄地を活用:協力グラウンドワーク相川)※の収穫作業を、学生サークル千葉大学援農お宝発掘隊(顧問:中里良一)と東京大学むら塾(顧問:中里良一)が応援しました。

※「芋(コガネセンガン)の試験栽培」の概要

御蔵島(東京都、伊豆七島)において、地域振興のため焼酎造りが検討されています。原材料として、コガネセンガンを検討していますが、島での安定生産が難しい状況(農家と農地の確保が難しい)にあります。そこで、島外(千葉県富津市内)において、コガネセンガンが栽培可能か試験栽培を行うものです。可能となれば御蔵島の原材料の安定供給ができることになり、地域特産品の焼酎による地域振興に貢献することができます。また、試験栽培を行う農地は耕作放棄地を利用することから、耕作放棄地解消による農業振興、地域環境保全にも貢献します。なお、試験栽培圃場の鳥獣害対策(サル被害)ために電気柵を設置しており、この電源を太陽光発電にしています

 

目的は、農業水利施設等農業農村整備関連施設の見学を行い、学生の農業農村工学の知識、理解、興味を深めるともに、農業農村工学系の就職先に関する講義を行い、学生に農業農村工学系の就職先の魅力を知ってもらうとともに、就職先の判断材料を提供するものです。対象の学生は、3年生、M1生であり、就職先がほぼ決まっている4年生、M2生は事業対象としていません。令和4年度は関東地域及び関西地域の2地域において開催しました。関東地域は9月8~9日に開催しました。参加大学は東京農業大学、東京大学、東京農工大学の3大学で、参加学生は10名でした。国営牧之原事業地区(川口取水口、牧之原揚水機場)(静岡県島田市等)、せんがまち棚田(静岡県菊川市、「つなぐ棚田遺産」認定地区)等の見学を行い、当協会の中里良一理事長による講義「農業農村工学系の就職先について」や(一財)日本水土総合研究所 小林祐一理事長による「国家公務員ってどんな仕事」及び静岡県庁、静岡県土地改良事業団体連合会による「静岡県の農業農村整備」の講義が行われました。

関西地域は、9月21~22日に開催しました。参加大学は、神戸大学、大阪府立大学、近畿大学、京都大学、滋賀県立大学の5大学で、参加者学生は13名でした。国営東播用水事業地区(呑吐ダム、御坂サイフォン)(兵庫県三木市等)や県営ため池、広域農道事業地区(兵庫県洲本市等)等の見学を行い、関東地域と同じテーマで当協会の中里良一理事長、(一財)日本水土総合研究所の 小林祐一理事長による講義が行われました。研修会に参加した学生からは、「農業水利施設の構造物、仕組みを実際に見て大学で学んだことがよく理解できた。」、「講義を受けて、農業農村工学系の就職先こと、魅力がよくわかった。就職したくなった。」などの感想が述べられました。この研修会は、(一財)日本水土総合研究所当協会が主催で、当協会が企画、運営に協力しています。

第1回目(8月20日)の講座が好評で、各大学からの要望もあり、第2回目の「公務員試験勉強対策講座」(オンライン)を下記のとおり開催します。

なお、1回目は茨城大学、東京大学、岐阜大学、滋賀県立大学、京都大学、高知大学、鹿児島大学の7大学の学生が受講されました。

公務員試験の問題の範囲はとても広く、戦略的、効率・効果的に勉強する必要があります。また、試験勉強のための参考書や問題集選びも重要です。間違った勉強方法や参考書・問題集選びは長時間勉強しても成果は上がりません。このような観点から、本講座は、公務員試験(筆記、面接)の効率・効果的な勉強方法や参考書、問題集選び及び受験当日の解答方法を講義します。加えて公務員の仕事内容も講義します。講師は農林水産省及び県庁の勤務経験がある当協会理事長の中里良一(博士:農業農村工学、技術士:農村環境)が担当します。これまでも多くの学生の公務員試験合格に貢献した実績のある講座内容です。公務員試験勉強をはじめるにあったて、とても参考になる講座です。

 

1.日時 10月16日(日)午前10:00~11:30

2.講座方法 zoomによるオンライン方式

3.講座内容

(1)国家公務員と地方公務員の違い

(2)公務員の仕事とキャリアパス

(3)公務員試験の種類、職種及び併願のパターン

(4)試験勉強

①傾向と対策

②対策本の選定(参考書、問題集)

③試験分野と配点

1)教養(択一)

ⅰ一般知能 文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈

ⅱ一般知識 自然、人文、社会、

2)専門(択一)

3)論文

4)面接

(5)勉強スケジュール及び留意点

(6)受験当日の解答方法

(7)予備校、大学での公務員講座、模試を受講するべきか。

4.対象学年 3年生、M1生(他学年も参加可能です。)

5.募集人数 30名

6.受講費 1,000円

7.応募方法

(1)参加を希望する学生は、①氏名(ふりがな)、②学校名(学部、学科)、③学

年、④電話番号、⑤メールアドレスを下記申込先にメールにしてください。

(2)申込のメール後、速やかに受講費を下記口座に振込みをお願いします。

 

振込先:みずほ銀行 浜松町支店 普通貯金 口座番号3292762

一般財団法人日本グラウンドワーク協会

 

受講費の振込をもって、参加確定者となります。

※受講費の振込があった旨の連絡はしません。

8.募集及び受講費振込期限 10月11日(火)

なお、参加確定者が募集人数に達した時点で申込を締め切りとします。

9.招待アドレスの送付

参加確定者には、オンライン参加のための招待アドレス及び関連資料を10月14日頃に当協会から、メールにて連絡します。

10.申込先・問い合わせ先

一般財団法人日本グラウンドワーク協会

講座担当者

アドレス:nakazato@groundwork.or.jp

電話番号:03-6459-0324

所在地:東京都港区新橋5-34-4 農業土木会館1階

当協会が後援します「全国発酵食品サミットinよこて」(10月21日~23日)が開催されます。このサミットは発酵食品と発酵文化の素晴らしさを全国に向けて発信するイベントです。地域産業の活性化をはかることを目的に、毎年全国各地で開催されており、今年は2008年以来2度目となる、秋田県横手市での開催となります。『美味しいだけでなく、様々な健康機能が大注目されている発酵食品を食べて、買って、学んで、楽しめる3日間』日本の発酵学の第一人者である小泉武夫東京農業大学名誉教授、作家・エッセストの阿川佐和子氏、俳優の檀ふみ氏のお話も聞くことができます。