コンテンツへスキップ

「グラウンドワーク」とは「地域」、「企業」、「行政」の構成と連携(パートナーシップ)により、環境改善等地域課題を解決する活動手法のことです。

この取組みは英国で始まりました。

一方、日本と英国では行政の地域関与のあり方などの違いがあることから、日本の地域社会(地域づくりの多くがシニア世代の男性が主体)や行政システム(個別地域づくりへの持続的な関与が低い)及び企業(寄付、ボランティア参加が未成熟)の特徴を踏まえたグラウンドワークの推進が重要です。

このようなことから、当協会では、日本においては、構成を「地域」、「企業」、「行政」ではなく、「世代バランス」、「男女バランス」に重点を置いた方が有効と考え、この考えのもとグラウンドワークを推進しています。

具体的には、活動の持続性、発展や将来のリーダー、担い手確保の観点から若者(大学生等)の参加及び男女共同参画による協働を主軸にした、いわゆる「日本型グラウンドワーク」を推進しています。

若者は、斬新なアイデア・企画力、行動力、情報発信力(SNS,口コミなど)、体力等地域活動に必要な多くのものを兼ね備えています。

1995年 設立  主務官庁:農林水産省、環境省、国土交通省、総務省(2012年まで)

2012年 一般財団法人へ移行

2023年3月31日 公益目的支出計画の実施が完了

【目的】

  当協会は、「中間支援団体」として、①地域活性化、②環境保全、③福祉、④棚田保全等社会的課題解決に取り組む地域活動を支援(含む若者の地域活動への参加呼びかけ)する。

【取り組み内容】

(1)大学生サークルとの連携活動

  ①「大学生サークルと農村マッチング事業」岡崎市役所と名城大学学生サークル等

  ②「農業農村を応援する大学生サークル」との連携による地域おこし等の応援

          1)東京大学  2)明治大学  3)千葉大学  4)静岡大学  5)名城大学

         6)信州大学  7)新潟大学  8) 石川県立大学  9)北里大学  10)琉球大学

           「農業農村を応援する大学生サークル」の活動状況(インスタグラム)

             閲覧方法 下記アドレスを参照(令和6年2月開始)

                  https://www.instagram.com/groundworkassociationjp/    

                  農業農村を応援する大学生サークルの代表者会議(令和6年6月29日)

  ③地域おこし等応援を目的とする「大学生サークル」設立、運営の支援

  ④農業土木技術者の育成、確保

   大学生サークル「農業農村工学・就職研究会」(17大学参加)の運営

(2)耕作放棄地の持続可能な農地再利用の相談

        ①営農型太陽光発電 等

(3)活動資金助成

  ①子供の不登校対策活動団体への支援

  ②地産地消推進活動団体への支援

(4)棚田保全活動

  ①活動資金の助成

   1)毛原の棚田(京都府)、2)大山千枚田(千葉県)、3)稲渕棚田(奈良県) 等

  ②「つなぐ棚田遺産」の『オフィシャルサポーター』(農林水産省認定)の取組み

           

(5)「トトロの森」環境保全の応援

(6)行政への支援 予算編成作業及び施策作り等を支援

   1)東京都御蔵島村(伊豆七島:地域活性化)

   2)愛知県岡崎市(大学生サークルによる施策推進支援)

   3)兵庫県養父(大学生サークルによる施策推進支援)

(7)企業、官公庁の学生リクルートの応援等

  ①学生リクルートの応援

  ②公務員試験勉強対策講座

(8)官公庁へのアドバイス

(9)農業団体へのアドバイス

(10)地域活動団体への支援

  ①補助金申請手続き等の支援

  ②セミナー、研修、シンポジウム等への講演者の紹介 

(11)農福連携の支援

(12)男女共同参画の推進

       内閣府男女共同参画推進会議 委員

(13)酒類製造(地域特産品・ブランドつくり)の支援

(14)農業農村整備に関する広報

【運営体制】

理事長  中里良一  農業農村を応援する大学生サークルネット代表 

理事   菅原文子  (株)菅原(文太)事務所代表取締役 

理事      山下昭子  元NHKキャスター

監事   野中晋輔  (株)スタジオジブリ執行役員

(お問い合わせ)

〒105-0004 東京都港区新橋5-34-4 農業土木会館1F

TEL: 03-6459-0324 FAX: 03-6459-0325

 

レンタルスペースー406_GrandAmi(東京都文京区)において、トーキョーマイフレンズ2024[東京米友達](主催:NPO法人英田上山棚田団(岡山県美作市上山)、協力:一般財団法人日本グラウンドワーク協会)が開催されました。里山での暮らしや上山に関心を持っていただいている皆さんと共にご飯のお供となる自慢のおかずを持ち寄って、棚田米の美味しさや収穫の喜びを分かち合うことが開催の趣旨です。内容は、①棚田米を味わう時間、お腹いっぱい食べます。②オススメごはんのお供紹介、③参加者の方々から一言(トークテーマ「おコメと私」)。大人から子供まで多くの人が参加しました。農業農村を応援する大学生サークルの東京大学東大むら塾、明治大学楽農4Hクラブの部員も参加しました。5杯もおかわりする学生もいました。なお、当協会はイベントの準備、運営のお手伝い及び美味しくごはんが炊ける炊飯器購入の助成をしました。

令和6年度「農業水利施設等を見に行こうよ助成事業」参加学生募集要領

1.目的

大学農学部系の学生を対象に、農業水利施設等、及び施設建設に利用された農業農村工学、技術の知識、理解、関心を深めるとともに、農業農村工学系コース、研究室等専攻選択に寄与する。また、既に農業農村工学系を専攻している学生の農業農村工学への知識、理解、興味を深めることに寄与する。

2.内容

大学生のみのグループによる農業水利施設等の見学に要する交通費等を助成する 。

3.見学施設場所

大学が所在する農林水産省地方農政局管内の「指定の農業水利施設等」(歴史的農業水利施設、ダム、棚田等)※協会に照会

ただし、「指定の農業水利施設等の施設」以外の見学を希望する場合は相談に応じる。

4.対象者 以下の①、②の条件を満たす学生

①大学農学部系1、2年、3年、4年、M1の学生

②専攻未選択の学生、または、既に専攻が決まっている学生は農業農村工学系を選択している学生。

5.1グループの参加人数:3人以上。必ず1年生または2年生が1人以上参加すること。

6.見学費用への助成金 1グループ40,000円以内

①交通費:実費

1)公共交通機関利用の場合:大学所在地~現地施設最寄りの駅までの交通費

2)レンタカー利用の場合:レンタカー代、ガソリン代、保険、高速道路料金

②昼食代:1人1、000円以内  ③国内旅行保険:1人500円以内

7.見学に係るケガ、事故等 自己責任

8.実施期間 令和6年6月13日~令和7年2月20日

9.レポートの提出

見学後、各自レポートA4版3枚(含む写真)以上を提出

(注)レポートは、冊子等により配布する場合がありますので、ご了承ください。

10.参加申し込み

参加申込書様式(協会に照会)に記入の上、協会へメールにより申込。

 

11.参加申し込み、問い合わせ先

一般財団法人日本グラウンドワーク協会  中里良一

TEL:03-6459-0324

新潟大学からの要請により、当協会の中里良一理事長が農学部の1年生200名を対象に講義を行いました。タイトルは「大学生のみなさん!農業農村を応援しませんか」で内容は①農村地域の役割、②農村が有する貴重な資源、③農村地域資源を活用した地域おこし、④誰が農村地域資源を保全するか、➄人口減少、高齢化等による農業集落の消滅の進行、⑥大学生への農業農村の応援への期待。講義の中で、大学生が個人で農業農村を応援することは難しく、サークルに参加することで、農村に関わることが容易になることを説明。学生サークル新潟大学「むらづくり研究会」(顧問:中里良一)への入部を呼びかけたところ53名の学生が入部しました。このサークルは、新潟県庁が取り組んでいる「棚田みらい応援団」として棚田保全活動を応援しています。

養父市役所(兵庫県)から「大学生サークルと農村マッチング事業」※の依頼があり、神戸大学地域おこしサークル水芭蕉と岡崎市役所とのマッチングを行いました。マッチングでは養父市役所から大学生に対して、地域おこしのために応援して欲しい活動内容(棚田での農作業、農産物加工、耕作放棄地有効活用方策等が説明され、意見交換が行われました。今回のマッチングの結果、養父市役所が希望する活動に対して神戸大学地域おこしサークル水芭蕉が応援することになりました。

養父市役所は、地域と神戸大学地域おこしサークル水芭蕉との連携活動を推進するために令和6年度に新規予算を確保して、当協会に推進支援の業務委託を行いました。

※「大学生サークルと農村マッチング事業」とは、地域おこしのために大学生の応援が欲しい行政、地域おこし団体等と、農業農村の応援を目的とした大学生サークルをマッチングする取組。

学生サークル東京大学むら塾(顧問:中里良一)は、富津市(千葉県)の日頃米作りを行っているサークル農園において、今春入学した学生を対象に田植え体験会を開催しました。これは、農業のPRと新入部員の確保を目的にしたものです。あわせて、地域住民との交流会も開催しました。交流会では、人口減少の中の地域づくりの在り方等について意見交換が行われました。富津市の市長も田植え及び交流会に参加されました。東京大むら塾と富津市の交流は、当協会が取り組んでいる「大学生サークルと農村マッチング事業」がきっかけとなり長く続いています。