コンテンツへスキップ

「グラウンドワーク」とは「地域」、「企業」、「行政」の構成と連携(パートナーシップ)により、環境改善等地域課題を解決する活動手法のことです。

この取組みは英国で始まりました。

一方、日本と英国では行政の地域関与のあり方などの違いがあることから、日本の地域社会(地域づくりの多くがシニア世代の男性が主体)や行政システム(個別地域づくりへの持続的な関与が低い)及び企業(寄付、ボランティア参加が未成熟)の特徴を踏まえたグラウンドワークの推進が重要です。

このようなことから、当協会では、日本においては、構成を「地域」、「企業」、「行政」ではなく、「世代バランス」、「男女バランス」に重点を置いた方が有効と考え、この考えのもとグラウンドワークを推進しています。

具体的には、活動の持続性、発展や将来のリーダー、担い手確保の観点から若者(大学生等)の参加及び男女共同参画による協働を主軸にした、いわゆる「日本型グラウンドワーク」を推進しています。

若者は、斬新なアイデア・企画力、行動力、情報発信力(SNS,口コミなど)、体力等地域活動に必要な多くのものを兼ね備えています。

1995年 設立  主務官庁:農林水産省、環境省、国土交通省、総務省(2012年まで)

2012年 一般財団法人へ移行

2023年3月31日 公益目的支出計画の実施が完了

【目的】

  当協会は、「中間支援団体」として、①地域活性化、②環境保全、③福祉、④棚田保全等社会的課題解決に取り組む地域活動を支援(含む若者の地域活動への参加呼びかけ)する。

【取り組み内容】

(1)大学生サークルとの連携活動

  ①「大学生サークルと農村マッチング事業」岡崎市役所と名城大学学生サークル等

  ②「農業農村を応援する大学生サークル」との連携による地域おこし等の応援

          1)東京大学  2)明治大学  3)千葉大学  4)静岡大学  5)名城大学

         6)信州大学  7)新潟大学  8) 石川県立大学  9)北里大学  10)琉球大学

           「農業農村を応援する大学生サークル」の活動状況(インスタグラム)

             閲覧方法 下記アドレスを参照(令和6年2月開始)

                  https://www.instagram.com/groundworkassociationjp/    

  ③地域おこし等応援を目的とする「大学生サークル」設立、運営の支援

  ④農業土木技術者の育成、確保

   大学生サークル「農業農村工学・就職研究会」(17大学参加)の運営

(2)耕作放棄地の持続可能な農地再利用の相談

        ①営農型太陽光発電 等

(3)活動資金助成

  ①子供の不登校対策活動団体への支援

  ②地産地消推進活動団体への支援

(4)棚田保全活動

  ①活動資金の助成

   1)毛原の棚田(京都府)、2)大山千枚田(千葉県)、3)稲渕棚田(奈良県) 等

  ②「つなぐ棚田遺産」の『オフィシャルサポーター』(農林水産省認定)の取組み

           

(5)「トトロの森」環境保全の応援

(6)行政への支援 予算編成作業及び施策作り等を支援

   1)東京都御蔵島村(伊豆七島:地域活性化)

   2)愛知県岡崎市(大学生サークルによる施策推進支援)

   3)兵庫県養父(大学生サークルによる施策推進支援)

(7)企業、官公庁の学生リクルートの応援等

  ①学生リクルートの応援

  ②公務員試験勉強対策講座

(8)官公庁へのアドバイス

(9)農業団体へのアドバイス

(10)地域活動団体への支援

  ①補助金申請手続き等の支援

  ②セミナー、研修、シンポジウム等への講演者の紹介 

(11)農福連携の支援

(12)男女共同参画の推進

       内閣府男女共同参画推進会議 委員

(13)酒類製造(地域特産品・ブランドつくり)の支援

(14)農業農村整備に関する広報

【運営体制】

理事長  中里良一  農業農村を応援する大学生サークルネット代表 

理事   菅原文子  (株)菅原(文太)事務所代表取締役 

理事      山下昭子  元NHKキャスター

監事   野中晋輔  (株)スタジオジブリ執行役員

(お問い合わせ)

〒105-0004 東京都港区新橋5-34-4 農業土木会館1F

TEL: 03-6459-0324 FAX: 03-6459-0325

 

学生サークル東京大学むら塾(顧問:中里良一)は、富津市(千葉県)の日頃米作りを行っているサークル農園において、今春入学した学生を対象に田植え体験会を開催しました。これは、農業のPRと新入部員の確保を目的にしたものです。あわせて、地域住民との交流会も開催しました。交流会では、人口減少の中の地域づくりの在り方等について意見交換が行われました。富津市の市長も田植え及び交流会に参加されました。東京大むら塾と富津市の交流は、当協会が取り組んでいる「大学生サークルと農村マッチング事業」がきっかけとなり長く続いています。

 

当協会は神戸大学の学生に呼びかけ、農業農村を応援する大学生サークル「地域おこしサークル水芭蕉」を設立しました。これは当協会が養父市役所(兵庫県)から地域活性化のために大学生の応援が欲しい旨の依頼を受けたことによるものです。当協会は近畿地域に連携している大学生サークルがないことから、神戸大学の協力(学生募集、講義室確保等)をいただき新たに大学生サークルを設立しました。設立方法は当協会の中里良一理事長が、「大学生のみなさん!農村を応援しませんか」というテーマで講義を行い、大学生(若い人)が地域おこしに関わる重要性を理解してもらい、聴講した学生の中で希望する学生でサークルを設立しました。部員は18名。

 

当協会では、このたび大学生の農業農村に対する興味や知識及び理解を深めることを目的にして、通信「サザンカのふていき便すちゅーでんと版」(電子版)の配信を開始しました。全国36大学の学生に配信しています。

名城大学(愛知県)の大学生サークル及び社会連携センターの依頼により、当協会の中里良一理事長が「大学生のみなさん!農村を応援しませんか」というテーマで講演をしました。この「地域おこしを考える勉強会」は、大学生サークルが新入部員の確保、社会連携センターが学生に地域おこしを考える機会の提供を目的として開催されました。参加したほとんどの学生がサークルの部員となりました。

「農業農村を応援する大学生サークル」の活動状況につきまして、インスタグラムへの掲載を開始しました。

閲覧方法 下記アドレスをクリックしてご覧ください。

https://www.instagram.com/groundworkassociationjp/