コンテンツへスキップ

【最新】「農業水利施設等を見に行こうよ助成事業」への参加学生を募集しています。

当協会では一般財団法人日本水土総合研究所と連携して、「農業水利施設等を見に行こうよ助成事業」を進めることとし、事業への参加学生を募集しています。

現在、全国の多くの農業水利施設の老朽化が進み農業生産への支障が懸念され施設の改修が急がれています。加えて頻繁に発生している台風、豪雨災害の復旧(農業分野では農地や農業水利施設などの復旧)が急がれています。しかし、これらのことに対処できる農業農村工学系技術者が大変不足しており、技術者の育成、確保が急務となっています。。この対応の第一歩として、将来の農業農村工学系技術者候補である農業農村工学系の学生の確保が重要です。農学部系学生に農業農村工学に興味を持ってもらい、専攻(コース、研究室等)選定にあたって、農業農村工学系を専攻する学生をできるだけ多く確保することをねらいとして事業を進めています。

 

「農業水利施設等を見に行こうよ助成事業」募集要領

1.目的

大学農学部系の学生を対象に、農業水利施設等、及び施設建設に利用された農業農村工学、技術の知識、理解、関心を深める。

農業農村工学系コース、研究室等専攻選択に寄与する。

2.内容

原則指定の農業水利施設等(歴史的農業水利施設、ダム、棚田等)※について、大学生のみによる日帰り見学

※指定の農業水利施設等・・当協会にご照会ください。

 

3.見学施設場所

大学が所在する農林水産省地方農政局管内

4.対象者

大学農学部系1、2年生 1グループ2人以上

※1、2年生時から既にコース、専攻が決まっている学生は農業農村工学系を選択している学生。

5.見学費用への助成金 1グループ40,000円以内

①交通費:実費

公共交通機関(出発地:大学所在地~現地施設最寄りの駅、バス停)

レンタカー(含むガソリン代、保険、高速道路料金)

②昼食代:1人1、000円以内

③国内旅行保険:1人500円以内

6.見学に係るケガ、事故等 自己責任

7.実施期間 令和3年9月13日~令和4年2月20日

8.レポートの提出

見学後、各自レポートA4版3枚(含む写真)以上を提出

9.学生サークル「農業農村工学・就職研究会」への入部検討

当事業を利用した学生は、学生サークル「農業農村工学・就職研究会」(顧問 中里良一)への入部を検討する。

10.参加申し込み、問い合わせ先

一般財団日本グラウンドワーク協会

中里良一

TEL:03-6459-0324        E-mail:nakazato@groundwork.or.jp